たっつんの雑記帳

日々思ったことや、感じたことについてつらつらと。

ブライダルジュエリーの販売員さんをナンパしたら60万貯金できた話

f:id:tattun2991:20171012211313j:plain

 
こんにちは、たっつん(@tattun_fw)です。
 
だいぶご無沙汰してしまいましたが、元気に生きてます。
 
ブログの勉強をすればするほど、なんだかしっかりとした記事を書かなきゃといけないというような気持ちになってしまって、気軽に書くことができずにいました。
 
でもせっかく独自ドメイン購入して、はてなproにも加入して雑記ブログを作ったので、アクセスとか気にせずにとりあえず書いてみようかなと思い、久しぶりに書くことにしました。
 
それでいきなりナンパの話かよ!と思うかもしれませんが、結論から言うと、色っぽい話は全くなく、それをきっかけに貯金を始め、ついに目標達成したよというお話です。
 
よろしければご一読ください。
 

 

 

暇すぎて地元の駅で見かけたスーツのお姉さんをナンパしてみた

 
5年前、まだ20代半ばの頃、当時付き合っている彼女もおらず、暇を持て余した僕は何を思ったか、地元の駅でナンパをしました。
 
今思うとよくやろうと思ったなぁ。地元でやるとかリスクあり過ぎて絶対止めた方が良いのに…
 
マックの前で誰かを待ってるような感じのスーツのお姉さんの顔がとてもタイプだったので、早速声かけ。
 
すると向こうもなんと笑顔で応じてくれる!
 
おぉ!なんだこれ!ええ子やん!もしかしてイケちゃうのか?
 
なんてテンション上がってきたところ「実は…」と言いながらアンケートのようなものを取り出すお姉さん(以下ユイちゃん)。
 
あぁ…そういうことか、俺が受け入れられた訳じゃなく、ただのカモだったんだ。
 
そう思って萎えてたんですけど、アンケート答えた後もダラダラと雑談してるうちに
 
「いいや!どうせもう会うこともないだろうし、番号聞いちゃえ!」
 
と思って番号聞いてみると、なんとOKとのこと。
 
これは…!これはもしかして…?!
 
なんて再びテンション上がりながらその日はそこでバイバイ。
 
 

デート商法みたいな感じで銀座のお店に誘われる

 
するとその日の夜にいきなり電話がかかってきます。
 
そのときは他愛もない話をだらだらと1時間くらい。
 
当時女の子との接点に飢えていた僕はとても満たされた気分になっていました。笑
 
次の日、そのまた次の日もユイちゃんから電話がきて、1時間くらい話していました。
 
ユイちゃんのかわいらしく、少し甘ったるい声は僕の好みど真ん中だったし、僕も気持ち悪いくらい優しい声で話していました。
 
控えめに言って気持ち悪いですね。
 
そんな電話を続けていたある日、ユイちゃんから「ねぇ、わたしたっつんさんにまた会いたいから、お店に来てくれないかな」と言われます。
 
あぁ、来たかって感じですよね。笑
 
そういう気持ちももちろんありましたが、半分くらいは「ここで行っておけば次につなげやすいのでは?」なんて思ってしまい、行くことに。
 
銀座にお店出してるだけあって一応ちゃんとした店らしく
 
「デート商法になっちゃうから、約束はできないんだけど来てくれる?」
 
「一応、お店の商品の紹介しなきゃだから、『絶対に買わない!』っていう気持ちでは来てほしくないの」
 
なんてことを言われますが、元々買う気もないけどOKしちゃいます。
 
僕はお金に関しては結構シビアですし、意志も強めです。
 
何より当時はそんなにお金もないし、結婚を考えている彼女もいませんから、ブライダルジュエリーなんて買えませんよね。
 
まぁユイちゃんとどうこうなくても、話のネタにくらいはなるだろうし。
 
ちょうど銀座での街コンに参戦する予定があったので、その日に合わせ、街コンの前の時間でお店に行くことにしました。
 
街コンの前に気に入ってる女の子に会いに行くとか今思うとクズみたいなことしてますね。笑
 
当日、お店の前に行くとユイちゃんがお出迎えしてくれます。
 
やっぱりかわいい…
 
お店に入るとショーケースとかがある2階に通され、丸いガラステーブルにつきます。
 
そこで一通りお礼とか言われると「でね…たっつんさんに紹介したいものがあるから、カタログとか持ってくるね」と、徐々に営業モードになってきます。
 
当然僕は買う気もありませんから、いいよと言いながらも話を聞くだけです。
 
するとユイちゃんによるジュエリーのレクチャーが始まります。
 
・ジュエリーの基礎知識(カラットとか、ダイヤの色の違いとか)
 
・鑑定書と鑑別書の違い(内容は忘れた。笑)
 
・なぜテレビショッピングのジュエリーは安いのか
 
・今の収入はどれくらいで、それに合うのはこの価格帯
 
・月収の3か月分というとだいたい60万円。月々1万のローンで5年間で払い終わる。5年後に結婚したいならちょうどよ良い。
 
などなど。
 
そして話はだんだん僕に買わせようとする方向に。。
 
「話はわかったけど、今は買えないよ」
 
「でも、こういう商品だったら資産になるし…」
 
「そうかもしれないけど、買いたいとは思えない」
 
なんていう押し問答を繰り返していると、だんだん表情が曇ってくるユイちゃん。
 
すると、「ちょっと待っててね」と言って席を外し、帰ってきたときには気の強そうな美人なお姉さんがついてきました。
 
おそらく先輩なんでしょうね、ここは顔採用なのかなと思うくらい店内は美人だらけでした。
 
 

「女は息をしてるだけでお金かかる!」と力説され引く

 
先輩はユイちゃんとは変わってちょっとS系な感じ。
 
いかに結婚する前にブライダルジュエリーを買うことが大事なことかを力説されます。
 
キング・カズこと三浦知良さんの話を例に出しながら次々に買え買え攻撃。
 
ちなみにカズさんのお話というのは、ザックリ言うと
 
カズさんが15歳でブラジル留学を決めた際に、1つのダイヤを買った。
 
ダイヤは魔除けの効果があるので、それをブラジルでも肌身離さず身に着けプレイ。
 
そしてりさ子さんと出会い、プロポーズのときにそのダイヤを指輪につけてプレゼントした。
 
という話。
 
お前もこれをやれと。
 
でもごりごりの理系で理屈っぽい僕を、そんな感情的な話で説き伏せることはできません。
 
60万のダイヤを買うなら、今から毎月1万を自分で貯金し、貯まってから一括で買えばよい。今60万のローンを組むと、手数料などに回す分が発生し、結果的に同じ出費でも質を落とすことになる。
 
と言うのが僕の主張でした。
 
これを聞いた先輩は徐々に攻撃的になり、
 
「そんなこと言ったって、自分じゃ貯金できないでしょ?まぁこんなこと言ってくれる人も周りにはいないだろうからね。厳しいこと言われて悔しいのはわかるけど。女の子は毎月美容室行って、エステ行って、服も買って、常に頭のてっぺんからつま先まで気を使って、お金を使ってきれいにしているんだから、男の人はこれくらいしても良いんじゃないの?」
 
という謎理論を展開しだします。
 
確かに女性は息を吐くだけでお金がかかるとかいう意見もたまに目にするので、お金がかかる人はかかるんでしょうが、だからと言って僕がダイヤを買う理由にはなりません。
 
そもそも、女性が身なりにお金をかけるのは自由ですが、その時点ではまだ僕はその対価を受け取っていない訳です。男性だって美容室行くし、服だって買います。
 
まぁデートとなればなんだかんだでごちそうしたり、多めに払うんですが、そこは無視ですか?
 
いや、女性叩きがしたい訳ではないんです。
 
ただ、その先輩の謎理論がもともと1%くらいだった僕の購買意欲を決定的になくしたことは確かです。
 
その後は悪い空気になり、予定の時間も迫っていたのでお店を後にしました。
 
 

結婚指輪貯金を始め、5年で目標額達成

 
「どうせ自分じゃ貯金できないんでしょ?」と言われたことが悔しかったわけではないんですが、一つのきっかけにはなりました。
 
いずれ結婚したいのは確かだし、そのときに慌てないくらいの貯金はあってもいいかなと思い、その月のうちに使ってなかった口座に毎月1万ずつ入れるという「婚約指輪貯金」を始めました。
 
もともと無駄遣いがそこまで多くもなく、お金に関しては結構シビアだったので、少しずつですが、確実にお金が貯まって行きました。
 
そして5年が経った今年の8月、ついに目標額の60万円が貯まりました!
 
もちろん他の貯金はこれとは別にやっているので、これが全財産というわけではないですよ?笑
 
でもこうやって時間をかけてそこそこ大きな額を溜めたというのは初めてなので、達成感がありますね。
 
 

月々の目標を定め、今後も貯金を継続して行こう

 
実は結婚指輪貯金を達成した今、ちょうど結婚を考えている彼女もいて、年末辺りにプロポーズしようかと考えているんです。
 
 
 
 
あ、嘘つきました。
 
 
 
 
その後彼女なんかできず、未だに独りでフラフラしております。
 
使う宛のない60万が口座に悲しく眠っています。
 
まぁいずれ…とは思っているので、しばらくは希望を捨てず、ちゃんと取っておきたいと思います。
 
目標額が貯まったので、このままにしておこうかなと思っていたのですが、今日間違って9月、10月分を入れてしまったので、もうしばらくは継続してみようかなと思ってます。笑
 
とりあえず70万、80万といって…100万にまでには結婚できてるといいな。笑
 
まぁ自分としては結婚指輪に限ってはいないんですけどね。
 
結婚指輪として使えれば良いですけど、お相手の気持ちも聞いて、それ以外のこと充てるのもアリかなと思ってます。
 
女性によって価値観は違うようですから。
 
学生時代に仲が良かった後輩の女の子なんかは結婚指輪にほとんどお金をかけず、新婚旅行に充てると言ってましたから。
 
最近、同級生の女友達とこの話をしたら
 
「指輪はちゃんとしたものが欲しい。どこかにして行ったときに、その指輪で旦那さんのメンツも保てるし」
 
という、僕がまるで考えもしなかった意見も聞いたりしたので、本当に人それぞれみたいですね。
 
 

まとめ

 
目標をもって貯金をするというのは案外達成感あるものですね。
 
今回溜めた60万はまだ使う予定がありませんが、今後形を変えて別の〇〇貯金もしていきたいと考えています。
 
ちょっと高いけどそのために貯金をして、買うというのは結構満足感がありそうなので、年に1回の旅行のために毎月プールするとか、色々考えてやって行きたいなと思います。
 
適当に、気軽に書いちゃえという気分で書いて、気付いたらそこそこの長文になってました。
 
こんな感じでもう少し頻度上げていけたらなと思ってます。