たっつんの雑記帳

日々思ったことや、感じたことについてつらつらと。

TOEICで800点取るためにとりあえず始めたこと~単語帳選び~

前回の記事でTOEICで800点を目標に勉強することにしたと書きました。


tattun2991.hatenablog.com


あれから約2週間ですが、とりあえずやったことを書いて行きます。

TOEIC公式問題集の購入
・少し前に買ってほぼ手つかずになっていた英単語帳での勉強
・インターネットでの情報収集
・受験するTOEICの選定

ざっと挙げるとこんな感じでしょうか。




TOEICで800点を目指すとは言え、TOEICのスコアだけが目標ではなく、真の目標は英語力を上げることですから、TOEIC対策の問題集と言うのは買っていません。どんなテストでも得点を稼ぐテクニックというのがあって、それである程度のスコアアップが見込めるのですが、今回の目的はそこではありませんので。もちろんそれを否定しませんし、近々でTOEICのスコアをアップしなければならないというようなときは積極的に活用するのが良いと思いますけどね。
ただ、現在のスコアがどれくらいなのか、TOEICに特化していない勉強でどれくらいスコアがアップしていくのかを客観的に測るために月に一回くらいのペースで自分で受けようかと思います。それを目安にどの試験を受けるか検討しようと思っています。

さて、とりあえず始めた勉強ですが、やはり語彙力アップは必須だろうということで、
「新TOEIC TEST出る単特急 金のフレーズ」
という単語帳を使っています。TOEICに特化した勉強はしないとか言っておきながら、いきなりTOEIC専用の単語帳を使ってしまっていますが…笑。色々と手ごろで勉強しやすそうかなということで選びました。選んだ理由としては
・ほどよい大きさ
・見やすさ
・ボリューム
・値段
・25刷まで重版されている
の5点でしょうか。以下でこれらについて解説しますね。

・ほどよい大きさ
単語帳というのはどれも参考書よりはコンパクトなサイズになっていると思いますが、表紙が固くて開きづらかったり、小さ過ぎてページがめくりづらい等の問題があったりします。この単語帳は僕にとってベストなフィット感でした。なぜこれが一番かと言うと、これが自分に合わないとなんとなく取っつきにくくなってしまうから。家でも電車でも見たいと思ったときに気軽に見られるものを選んだということです。

・見やすさ
この単語帳は見開き1ページで10単語を勉強できるようになっています。左ページに目的の単語を用いた例文と日本語訳。目的単語の部分は空欄になっており、右ページで回答とちょっとした解説を確認できます。解説が詳しい方が勉強になるような気もしますが、そこで止まってしまうより、1回辺りの重さを少なくし、回数をこなしたいのであまり重すぎないものということです。

・ボリューム
この単語帳で扱っているのは頻出の1000語です。それにプラスしてフレーズなどが数百あり、勉強する例文の数はだいたい1400くらいでしょうか。これで完結するものではないので、まずは少ない量を回数こなして次に行く、という姿勢です。ボリュームがありすぎると、なかなか進んでる感じがしなくなってしまうので、勉強して残りが減ってることを実感できる量が良いと思います。

・値段
僕はなるべくお金をかけずに勉強したいので、1000円以内で探しました。これは961円ということで、条件をクリアしていますね。

・25刷まで重版されている
まぁ単純に信頼できるかなと。長く使われるものには理由があるのだろうと考えているので、値段も手ごろだし、最初に取り掛かるにはよいかなと思いました。

長くなってしまいそうなので、次の記事では、この単語帳を使った僕の勉強法について書きたいと思います。
最後まで読んで頂きありがとうございました。